初めての託児

こんにちは!Rinの産後サポーター「りんりん」です。

「りんりん」を実施しているNPO法人ファミリーステーションRinでは子育てひろばを実施しています。

先日、ひろばで託児付きのイベントを実施しました。

その時に、初めてお子さんを託児される方が何人かいらっしゃいました。

初めてお子さんを他人に預けるときは少し不安だったりしますね。
パパやおじいちゃん・おばあちゃんでも泣くのに、全然知らない人に預けたらずーっと泣いているんじゃないか…

産後サポート事業「りんりん」では、留守宅でお子さんだけをお預かりすることはしませんが、託児付きのイベントを実施する際に、Rinからお母さんたちにはお話しさせていただくことをお伝えしようと思います。

Rinのイベントでは「『お子さんが泣いているから』、という利用ではイベント終了までお母さんは呼びません。」とお伝えしてます。

せっかく勇気を持って託児付きのイベントに申し込んだのに、「お子さんが泣いている」と言って呼ばれたら楽しみにしていたイベントも、気持ちのリフレッシュも中途半端になって残念な思いをされるんじゃないか、と思うのです。

もちろん、明らかな体調不良や事故、お母さんにどうしても確認してほしいことがある場合などはお声かけをさせていただきます。

また、「イベント中に様子が見たいので連れてきてください」という方や「託児付きのイベントだけど子どもを連れて参加したい」という方もいます。

Rinの場合は、どちらも基本的にはお断りしています。
「お子さんを連れての参加」は他の参加者の方たちに配慮していただいて、お断りしています。また託児付きでイベントをするときは、お子さんがさわると危険なものや取り扱いが繊細なものを使用することが多いため、思わぬ事故を予防するという目的もあります。

「様子をみたい」と言われる方には、作業を中断して託児室を覗きに来てもらうことはありますが、おススメはしていません。お母さんの顔を一旦見てしまうと、また激しく泣いたり、お子さんが離れられなくなってしまったりしてお母さんがイベントに戻れなくなってしまうことがあるからです。

託児中のお子さんは、ずーっと泣いている子もいれば、別れ際だけ激しく泣いて、10分ほどで泣きやんで機嫌よく遊んでいる子もいます。泣いて、遊んで、また思い出しては泣いて…という子もいます。1時間くらい泣いて、寝てしまう子もいます。

残念ながら「泣かせないようにしてください」というお願いには、お応えすることは難しいです。お子さんができるだけ安心できるように、抱っこやおんぶで対応はさせていただきますが。

もしあなたが、初めて託児付きイベントに申込をしようと思ったとき、何か不安なことがあれば直接そのことを事前に主催者側に話してみることをおススメします。
上記の対応は、あくまでRinのイベントでの対応です。
託児付きイベントでも、お子さんを連れて参加できるところもあるかもしれません。

Rinの託児者はお子さんの泣きやあそびに付き合って
「お子さんが少しでも快適に待てるように」
「お母さんが安心してイベントに参加して、リフレッシュできるように」
という思いで、託児をしています

また、大切なお子さんを「私たちを信頼して預けていった」ということを常に念頭において託児を行っています。

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中