「りんりん」ご利用の手引きができました。

こんにちは!Rinの産後サポーター「りんりん」です。

Rinが実施している産後サポート事業
訪問型家事育児支援サービス「りんりん」は少しずつですがご利用が広がってきています。

ですが、利用者の方から
「使いたいと思っているけどどうしたらいいかわからない」
「どんなことをしてもらえるのかわからない」
というお声をいただいていました。

今回、ご利用の手引きではお問い合わせからご利用までの流れや
モデルプランのご紹介、Q&Aなどを取り入れて、「りんりん」のご利用がイメージしやすいように作成しました。

Rinのおうちや子育て支援センターにありますので、ご利用を検討される方はぜひお手にとってご覧ください。

また最後のページには
「『りんりん』にかけるみんなの思い」
として、利用者の方や支援者、寄付者、私たちサポーターなどいろいろな方からメッセージをいただいています。いくつか紹介させていただきます。

妊娠中のママ・産後で大変な思いをしているママへ。

産前の休養は、これから始まる小さな命を育むための体力・気力・知力を温存するために必要です。
産後の休養は無垢の状態で生まれた我が子に喜び・戸惑い・時に悩みながらスタートラインに立つママとパパを含む家族のために必要です。
ママが元気になること、それは赤ちゃんが元気になること、そして周囲の人が幸せになれることだと思います。
母と子の幸せを願う助産師としては「ツライ」「苦しい」「悲しい」そんな時は迷わず助けを求めてください。楽しい前向きな育児に繋がりますよ!
(助産師 市川みどり)

赤ちゃんの誕生は、家族にとってこの上ない喜びです。けれども、初めて親になる人にとっては、新たな不安や心配の始まりかもしれません。特に、出産という大きな仕事をなし終えたばかりのお母さんはご自分の体と心のケアする間もなく、赤ちゃんのお世話に追われるので、その大変さはなおさらのことでしょう。
でもそんな時こそ、身近な人たちに様々な応援をしてもらうことです。
昔から子育ては周囲の人たちの助けを得ながら行われてきました。産後サポート事業は現代の家族のニーズに応える、子育て支援の仕組みです。
この事業が地域で安心して子育てするための一助になることを願っています。
(愛知淑徳大学教授 白石淑江)

お母さんたちへ。

毎日子どもたちを懸命に育ててくださってありがとうございます。あなたたちの命を削る努力に感謝いたします。
でも子育ては長丁場です。もし笑顔とやさしい気持ちが少なくなったときは善意ある他人の力を借りましょう。お金を払うのだから、親しい人には頼みにくいことも思いきってお願いしましょう。
お母さんが元気になって一番喜ぶのは子どもたちですから。
あなたは大切なひとなのですから。
(はなまるキッズクリニック院長 吉田成美)

これから出産を控えた方、産後にサポートがほしいと思っている方、アンケートをご覧になってご興味がおありになったら、お気軽に「りんりん」までお問い合わせください。

ご利用のお申込みはお電話で、お問い合わせはメールでも受け付けております。

NPO法人ファミリーステーションRin
Rinの産後サポート事業訪問型家事育児支援サービス「りんりん」

TEL & FAX 0561-74-1080(10:00~15:00)
E-mail sansapo_rinrin@npo-rin.org

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中